第50回 東京都道場少年剣道大会

2021年8月14日(小学生)と8月15日(中学生)エスフォルタアリーナ八王子において第50回東京都道場少年剣道大会がおこなわれました。

小学生団体は2回戦目で優勝候補の強豪に挑みましたが敗退。ラストイヤーの6年生、来年に向けた5年生ともに多くの課題を残す結果となりました。

そして中学生チームは見事、東京都ベスト4入りという快挙を成し遂げてくれました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆試合結果

【個人 小学生女子の部】
小澤香奈:ベスト8(4回戦敗退)
金子祥子:2回戦敗退

【個人 小学生男子の部】
溝上篤史:3回戦敗退
堀口敦央:2回戦敗退
加藤輝:初戦敗退

【団体 小学生の部 】:2回戦敗退
先鋒:小林奏太朗
中堅:溝上篤史
大将:小澤香奈

・1回戦
剣道みちのこ道場 ● 1 – 2 ◯ 福住

・2回戦
五本木武道館 ◯ 2 – 0 ● 福住

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【個人 中学生男子の部】
市川輔:3回戦敗退
荒井貴裕:3回戦敗退
村井佳吾:初戦敗退

【個人 中学生女子の部】
小澤藍:初戦敗退
佐々木美羽:初戦敗退

【団体 中学生男子の部】:第3位
先鋒 : 下村泰之
中堅 : 市川輔
大将 : 荒井貴裕

・1回戦
つくし野剣道育成会 ● 1 – 1(1)代表戦 ◯ 福住

・2回戦
江戸川報徳会 ● 0 – 1 ◯ 福住

・3回戦
豊ヶ丘 ● 1 – 2 ◯ 福住

・4回戦
至誠館 ● 1 – 2 ◯ 福住

・5回戦
東松舘 ◯ 1 – 0 ● 福住

誇らしい笑顔の中学生の先輩たち!
準決勝では優勝チーム相手に接戦を繰り広げながら惜しくも敗退。来年1月に大阪で行われる予定の全国大会での活躍が楽しみです。

夏期強化稽古

コロナ禍での緊急事態宣言が、緊急どころかすっかり日常化してしまった今日この頃の東京。夏休み恒例の合宿は昨年に引き続き今年も中止……。

その代わり、今年は深川スポーツセンターの剣道場を1日借り切っての強化稽古が2021年8月7日と11日の2日間でおこなわれました。

午前と午後の二部練習はいつもより長時間のじっくりたっぷりハードなメニュー。それでもみんな必死で食らいつきながらなんとか乗り切っていました。

時には動画をチェックしながら先生からの解説をいただき、そのアドバイスを試合稽古に生かしたり次の稽古で復習するなど、ふだん以上に中身の濃い2日間となりました。

みんなで一緒にお昼ご飯を食べて、夜は楽しく花火をして……

こんな風景が、1日でも早くまた日常となりますように。

渋江剣友会錬成会

2021年8月8日、葛飾区立渋江小学校において渋江剣友会錬成会がおこなわれました。

高学年メンバーを中心に近隣の道場7チームが集結。夏の大会本番を目前に控えて、各々課題と緊張感を持って臨んだ錬成会となりました。

午前中は個人戦、午後は団体戦が行なわれ、団体総当たり戦での成績は7戦6勝1分と好調。その後のトーナメント戦では決勝まで進み、惜しくも大将戦で敗れる善戦で翌週の大会に弾みをつけました。

渋江剣友会の先生方はじめ関係者のみなさま、その他各チームのみなさまには大変お世話になりました。ありがとうございました。

報徳錬成会

2021年7月24日、江戸川区立篠崎第二小学校において報徳錬成会がおこなわれました。
強豪チームを相手に粘りを見せる場面もありましたが、それぞれ課題を多く残す内容でした……。
 

低学年は団体での錬成会デビュー。
個人戦とはまた違った剣道と行動が求められ、チームワーク育成のいい機会となりました。
高学年もひさしぶりの団体錬成会でした。
一人ひとり、実戦でのポイントや注意点を先生方からいただいたと思います。
猛暑の中、反省と実りの多い1日となりました。
 
 

そしてひさしぶりの「福住スマイル」!
次の目標に向かって、これからの暑い夏の稽古を乗り切っていきましょう!
江戸川報徳会の先生方はじめ関係者のみなさま、千葉南武館のみなさまには大変お世話になりました。ありがとうございました。

第20回 東京都少年剣道学年別個人錬成大会

2021年7月17日(小学生)7月22日(中学生)、東京武道館において東京都少年剣道学年別個人錬成大会がおこなわれました。


それぞれ学年別での個人戦ということで、本大会での上位入賞を大きな目標のひとつとしている子も多いようです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆試合結果
・小学五年生の部
敢闘賞(ベスト8):溝上篤史

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・女子中学2年生の部
敢闘賞(ベスト8):佐々木美羽

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


低学年は今回が初めての公式戦。
高学年以上もひさしぶりに大きな会場での大会でそれぞれ健闘しました。

第94回 赤胴大会

深川スポーツセンターにおいて、赤胴大会が開催されました。


コロナ禍での赤胴大会も3回目。各部門別入れ替えでの進行にもみなさん慣れてきたところですが、今回はとくに基本組で多人数での激しい熱戦が繰り広げられていました。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆成績結果
 
【基本の部】
優 勝:山本弦
準優勝:加藤日菜希
三 位:林祐輝
敢闘賞:野矢輝、小池瑛斗、林直人、大西揮斗
  
【低学年の部】
優 勝:鈴木瑛斗
準優勝:高田智慧
三 位:内山珠乃
三 位:小川宗矩
 
【高学年の部】
優 勝:溝上篤史
準優勝:小澤香奈
三 位:堀口敦央
三 位:金子祥子
 
【中学生の部】
優 勝:荒井貴裕
準優勝:市川輔
三 位:村井佳吾
三 位:下村泰之
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

依然としてさまざまな制限を強いられる稽古が続くなか、対外試合や大会も少しずつ増えてきました。

みなさんそれぞれの目標をしっかりと定めて、また明日からの稽古に精進していきましょう!

第15回 全日本都道府県対抗少年剣道大会 東京都代表選手選考会

2021年7月18日、東京武道館でおこなわれた東京都代表の小学生5名を決定する選考会。

江東区から選抜された3名のうち福住剣友会から1名出場しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


☆試合結果
小林奏太朗:初戦敗退


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

江東区代表ゼッケンのプレッシャーを打ち破ることができませんでしたが、来年もう一度チャンスがあります。

江東区からは他に佐藤錬太郎選手(江少剣)と堀田直樹選手(一善)が出場。佐藤選手が見事コート優勝を果たし東京都代表選手に選ばれました。

第37回 全国道場対抗剣道大会 東京都予選会

全日本少年剣道錬成会館において、全国道場対抗剣道大会 東京都予選会がおこなわれました。

福住剣友会として出場するひさしぶりの公式試合。学年・年齢の垣根を超えた“福住オールスターチーム”で挑みました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


☆出場メンバー
先鋒:小澤香奈
次鋒:荒井貴裕
中堅:阿比留宏貴
副将:岡田康治
大将:西山亮
 
☆試合結果
・1回戦
城東大島 ● 0 – 4 ◯ 福住

・2回戦
福住 ◯ 3 – 2 ● 金龍館

・3回戦
東松舘 ◯ 4 – 0 ● 福住


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結果は3回戦敗退。あと1試合で全国大会出場というところでした。
来年こそは、めざせ!全国!

TOP剣錬成会

千葉県柏武道館本部道場において、TOP剣錬成会がおこなわれました。

コロナ禍の影響で昨年の2月から対外試合に参加していなかった福住剣友会。低学年は今回が錬成会初参戦。高学年も1年以上ぶりの他団体との実戦です。

試合は各グループ5人ずつの個人総当たり戦の勝数で順位を決め、それぞれ上位・下位グループに移動して新たな5人でふたたび総当たり。これを繰り返していくと自然と参加選手全員の総合順位が見えてくる「勝ち上がり・負け下がり」方式でおこなわれました。

気力・体力・時の運(同勝数の順位決めはじゃんけん)をも必要とする、まさに文句なしの学年を超越したランキングバトル!

お昼から始まった半日だけの錬成会でしたが、ひさしぶりの緊張感が張り詰める中での熱戦。中学生の部では貴裕先輩が見事優勝! 抜群の安定感でした。


主催者である五本木武道館の先生方ならびに関係者のみなさまをはじめ、他の各団体のみなさまには大変お世話になりました。ありがとうございました。

第93回 赤胴大会

深川スポーツセンターにおいて赤胴大会が開催されました。

年明け早々の緊急事態宣言で新年大会が中止になり、公式な稽古ができないまま迎えた卒業シーズン。

例年であれば「送る会」と合わせて開催される3月の赤胴大会ですが、昨年末同様、密にならないよう各部門別入れ替えで行われました。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆試合結果
◆基本の部
優 勝:小川 宗矩


◆低学年の部
優勝 :石川 凜乃
準優勝:鈴木 瑛斗
三位 :内山 珠乃


◆高学年の部
優勝 :堀口 敦央
準優勝:溝上 篤史
三位 :濱 匠悟
三位 :河上 虎生


◆中学生の部
優勝 :荒井 貴裕(四連覇!)
準優勝:森山 凱翔
三位 :溝上 颯大


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昨年まで基本組だった低学年は防具をつけて初めて挑んだ実戦形式の試合。

高学年は白熱のリーグ戦から緊迫した名勝負となった決勝戦。

中学生は四連覇がかかる荒井君の動向が注目されるなど、各部門とも非常に見応えがあった大会でした。

また最後に、各卒業生からとこの四月から新潟での新生活が始まる石川智里くん・凜乃さんからの抱負や微笑ましいひとことで半日が締めくくられました。

もうすぐ新学期。今年こそみんなでのびのびと稽古や大会にのぞめる新しい一年になるといいですね。