剣道の「基本」を考える

指導部だより(2021年12月号)秋元良友 先生

皆さんこんにちは。早いものでもう12月ですね。受験生は試験まであともうちょっとです。過去問の出来に一喜一憂せず、最後まで苦手科目のレベル上げを頑張って下さい。

偏差値を5上げるにしても、得意科目の偏差値を60から65にするより苦手科目のそれを55から60にする方がはるかに楽です。あきらめず良い結果を信じて粘って下さい。

さて、剣道の話ですが今回は「基本」についてお話させてもえればと思います。

剣道の基本というと「姿勢」「構え」「足のひきつけ」「竹刀の握り」「素振り」等いつくかあると思いますが、私はこれらをおろそかにしないでほしいと皆さんに伝えたいです。

試合審判規則で決められていますが、一本になるためには「充実した気勢、適正な姿勢をもって、竹刀の打突部で打突部位を刃筋正しく打突し、残心あるもの」でなければいけません。

この条件が全部満たされて始めて一本になります。

試合中に、「当たってるじゃん! なんで審判旗上げてくれないんだよ!」と思う人いるはずです。何かが足りないのです。私は、その何かは「基本」の中にヒントがあると思います。

また、学年が上がるにつれて打てる機会はどんどん少なくなっていきます。その少ないチャンスの中で一本に出来るかどうかは、基本の出来にも関わっていると思います。

小学生にはちょっと難しい内容だったかな?

皆さんは厳しい稽古を頑張っていて、どんどん強くなっています。今は稽古を乗り切ることでいっぱいという人もいると思いますが慣れてきたら、この「基本」について考えてもらえたら嬉しいです。

最近は稽古に行けていませんが、また皆さんと早く稽古出来る日を楽しみにしています! これからも一緒に頑張っていきましょう。

春日部剣真会 合同錬成会(2021.11.21)

春日部剣真会との合同錬成会が、11月21日(日)春日部市立正善小学校でおこなわれました。

午前中は扇橋小学校で通常稽古。そのあと車で埼玉県春日部市へ移動してのハードスケジュールでしたが、低学年・高学年の各部門別とチーム総力戦で、強豪選手相手にみんなそれぞれ健闘。

優秀選手として低学年は煌、高学年は篤史が選ばれ、最後に表彰されました。

そしてまた新たな剣友がたくさん増えましたね。

春日部剣真会の先生方はじめ関係者のみなさまには大変お世話になりました。また、とてもご丁寧なお出迎えとお見送りまでいただき誠にありがとうございました。

葦立剣友会・城北剣志会・福住剣友会 合同錬成会(2021.11.3)

2021年11月3日、足立区総合スポーツセンターにおいて、合同錬成会がおこなわれました。

午後からの半日でしたが、広くて厳かな剣道場でたっぷりと練習試合。

仕上げに低学年・高学年混合10人制の対抗戦がおこなわれ、総力戦を制して優勝!

チームみんなでの応援も大いに盛り上がりました。

そして最後は剣友たちと、三団体合同での記念撮影。

葦立剣友会、城北剣志会の先生方はじめ関係者のみなさまには大変お世話になりました。ありがとうございました。

「考える剣道」を意識してみよう

指導部だより(2021年11月号)河上昌弘 先生

皆さん、こんにちは。

突然ですが、あなたの得意技は何ですか?
この質問に即答できる人はどのくらい居るでしょうか?
また、1つに留まらず複数回答できる人はどのくらい居るでしょうか?

強い人は、自分の得意技を活かした「勝ちパターン」を確立しています。
そのパターンをどのタイミングで、どのように使うかを考え、それを行動できています。


そのプロセスを一緒に考えてみましょう。

(1)相手の特徴を捉える

(2)自分の得意技をどのような場面で使うかを考える

(3)その場面をどのように作りだすのかのストーリーを組み立てる

(4)その場面を作り出せたら、確実に一本にする

(1)「相手の特徴を捉える」とは

「一眼二足三胆四力」という言葉を知っていますか?
これは、剣道の修行において重要とされる要素を並べた教えです。
この教えにもある通り、相手の思考や動作を見極める目(眼)、つまり洞察力こそが最も重要なのである、という教えになります。
相手をしっかり見る事で「こんな時、相手はこうする」という特徴を捉える事ができるのです。

(2)「自分の得意技をどのような場面で使うかを考える」とは

「相手の特徴」に対して「自分の得意技」との相性を考えましょう。
この相手には技Aは通用しないな、でも技Bならイケそうだ!みたいな感じですね。

(3)「その場面をどのように作りだすのかのストーリーを組み立てる」とは

技Bならイケそうだ!と思ったら、自分が技Bを出すためには、相手にどんな行動をとってもらう必要があるのかを考えましょう。
例えば、相手に面を打ってきてもらう、面を防御する(守りの)姿勢をとらせる、とかですね。
相手に自分が思う行動をとらせ、自分の得意技を出す。その為のストーリーを考えるのです。
相手に面を打ってきてもらう為にはどうすればいいか?
面を防御する(守りの)姿勢をとらせる為にはどうすればいいか?
それは単発(1回)の行動でできるものもあれば、2回3回と何度も繰り返す事で相手にそう思い込ませるものもあります。
相手によってその組み立て方が違うところが難しくもあり、また面白いところですね。

(4)「その場面を作り出せたら、確実に一本にする」とは

稽古の時、面に対する応じ技・小手に対する応じ技の練習で、確実に一本にできていますか?
相手に面を打ってきてもらうというストーリーが折角その通りになっても、確実に一本にできないと、残念ですね。
これは稽古を重ねる事が一番です。
「稽古は試合のように、試合は稽古のように」という言葉からも、稽古の時から一本一本を試合のような緊張感をもって臨み、繰り返し体に覚えさせる事が大切ですね。

考える剣道を意識してみましょう。
特に小学生は、単純な動きの剣道をやる子が殆どです。
相手をよく見て、ストーリーを考え・組み立てる事で、実は自分が勝てるチャンスは意外と簡単に見つかるかもしれません。

渋江剣友会 秋季錬成会(2021.10.10)

2021年10月10日、葛飾区立渋江小学校において、渋江剣友会秋季錬成会がおこなわれました。

夏の大会が終わり、8月、9月の少ない稽古数の中でもそれぞれ課題を持ち、一段と厳しく中身の濃いメニューをこなしてたみんな。その成果を実戦で試す絶好の機会でした。

まだ試合経験の少ない低学年は、転んだり、頭を打ったり、打突を外されたり……。ときおり涙をこぼしながらもそれぞれ奮闘!

そんな彼らを見守る元ひよこ組のセンパイたちも今では立派な高学年。泣き虫は卒業して、試合だけでなく応援にも気合が入っていました。

この日は福住剣友会を含めて4団体(低学年全6チーム・高学年全7チーム)が参加。

午前中はメンバーを入れ替えながらの総当たり戦。午後の後半にはトーナメント戦もおこなわれ、低学年は準優勝、高学年Aチームは優勝! ともに好成績で一日を締めくくりました。

渋江剣友会の先生方はじめ関係者のみなさま、また他の各団体のみなさまには大変お世話になりました。ありがとうございました。

剣道で大切な五つのこと

指導部だより(2021年10月号)石川登喜子 先生

皆さまこんにちは♪
稽古に行くたびみんなのキラキラした姿から沢山のパワーをもらっているトキコ先生です。
みんな!いつも元気に稽古に来てくれてありがとう(^^)
保護者の皆さまには、お忙しいなか福住剣友会の活動にご協力いただきありがとうございます。
感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、今回初めて指導部便りを書きます。
何を書いたら良いのか悩みましたが、私が剣道を始めた小学2年生の頃から今日までずーっと心がけている5つの事を書いてみようと思います。


⑴正しく構える
⑵大きな声を出す
⑶相手の目を真っ直ぐ見る
⑷身だしなみを整える
⑸挨拶をする

これが、私が大事にしている事です。
誰にでも出来ることなんだけど簡単じゃなくて、疲れてくれば背中が丸まっちゃうし、緊張したら声が出なくなっちゃうし、怖い先生の目を見るのは恐怖だし、慌てて防具をつけると紐の長さが揃ってなかったりするし、みんなに指導をしていながら私も注意されてばかりです。
こんな事もできないのかと恥ずかしくなりますが、美しい立ち姿、正しい目線、本気の声、相手が気持ちよくなる身だしなみなど、注意を受けるたび初心にかえって一からの修行です。
技を覚えていく事は楽しいですが基本の部分がおろそかになってはせっかくの技もだいなしなんですよね。
立っているだけの時でも気をゆるめないよう気をつけて稽古をするようにしています。
当たり前の事を当たり前にできるようになりたいですね(^^)

大事な事の⑸、挨拶ですが、ただすれば良いとは違うと思うんです。
相手が気分良くなる挨拶が本当の挨拶だと思います。
挨拶だけに限らずいつも相手がいるって事を心に置いての言葉や行動が大事だと思います。
これは、相手の気持ちを思いやらずに友達を傷つけてしまったという、自分がしてしまった失敗から学びました。
人の気持ちを考えるって難しいですよね。
だから、私は相手が気持ちよく受け取る事ができる挨拶から心がけてみました。
ぜひみんなも試してみてください。

そして、次のステップは厳しい稽古で疲れてる仲間や試合前に緊張してる仲間にどんな言葉をかけたら元気や勇気がわいてくるかを想像して声をかけ合ってみることをオススメします。
きっと、自然と相手を思いやる気持ちが身についてくると思います♪
そしてそれが福住剣友会五訓の一番初めにある礼儀につながるんじゃないかと私は思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
失敗や反省ばかりのトキコ先生ですが、これからもみんなに助けてもらいながら元気に頑張りたいと思います♬
皆さまどうぞよろしくお願いいたします(^^)

ホームページが新しくなりました

2021年夏。全世界が注目するビッグイベント、東京2020大会が緊急事態宣言期間中でありながら開催され、無事閉幕しました。

コロナ禍以前の状態に戻るまでにはまだまだ時間がかかりそうな今現在、剣道界では新しい様式での稽古が定着し、錬成試合や大会が少しずつおこなわれるようになりました。

これからも油断せずに、みなさま健康第一でこの状況を乗り切っていきたいですね。

さて、ホームページが新しくなりました。

今年に入ってから福住剣友会には新しい仲間がたくさん増えました。基本組の練習はいまや大盛況です。

現会員の方々のみならず会員OB、他の道場や剣友会のみなさま、そしてこれから剣道を始めてみたいと思っている地域のみなさま方に、このホームページを通して福住剣友会の活動が伝わることを願っています。

ホームページに関するご意見・ご要望などがありましたら、お気軽に活動報告担当までお聞かせください。

今回の新しいホームぺージのデザインとして掲載された写真は、2020年1月に宋杰さんが撮影されたものをご提供いただきました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

第50回東京都道場少年剣道大会(2021.8.14/8.15)

2021年8月14日(小学生)と8月15日(中学生)エスフォルタアリーナ八王子において第50回東京都道場少年剣道大会がおこなわれました。

小学生団体は2回戦目で優勝候補の強豪に挑みましたが敗退。ラストイヤーの6年生、来年に向けた5年生ともに多くの課題を残す結果となりました。

そして中学生チームは見事、東京都ベスト4入りという快挙を成し遂げてくれました!

* * * * * * * * * *

☆試合結果

◆個人 小学生女子の部
小澤香奈:ベスト8(4回戦敗退)
金子祥子:2回戦敗退

◆個人 小学生男子の部
溝上篤史:3回戦敗退
堀口敦央:2回戦敗退
加藤輝:初戦敗退

◆団体 小学生の部
:2回戦敗退
先鋒:小林奏太朗
中堅:溝上篤史
大将:小澤香奈

・1回戦
剣道みちのこ道場 ● 1 – 2 ◯ 福住

・2回戦
五本木武道館 ◯ 2 – 0 ● 福住

* * * * * * * * *

◆個人 中学生男子の部
市川輔:3回戦敗退
荒井貴裕:3回戦敗退
村井佳吾:初戦敗退

◆個人 中学生女子の部
小澤藍:初戦敗退
佐々木美羽:初戦敗退

◆団体 中学生男子の部
第3位
先鋒 : 下村泰之
中堅 : 市川輔
大将 : 荒井貴裕

・1回戦
つくし野剣道育成会 ● 1 – 1(1)代表戦 ◯ 福住

・2回戦
江戸川報徳会 ● 0 – 1 ◯ 福住

・3回戦
豊ヶ丘 ● 1 – 2 ◯ 福住

・4回戦
至誠館 ● 1 – 2 ◯ 福住

・5回戦
東松舘 ◯ 1 – 0 ● 福住

誇らしい笑顔の中学生の先輩たち!
準決勝では優勝チーム相手に接戦を繰り広げながら惜しくも敗退。来年1月に大阪で行われる予定の全国大会での活躍が楽しみです。

夏期強化稽古(2021.8.7/8.11)

コロナ禍での緊急事態宣言が、緊急どころかすっかり日常化してしまった今日この頃の東京。夏休み恒例の合宿は昨年に引き続き今年も中止……。

その代わり、今年は深川スポーツセンターの剣道場を1日借り切っての強化稽古が2021年8月7日と11日の2日間でおこなわれました。

午前と午後の二部練習はいつもより長時間のじっくりたっぷりハードなメニュー。それでもみんな必死で食らいつきながらなんとか乗り切っていました。

時には動画をチェックしながら先生からの解説をいただき、そのアドバイスを試合稽古に生かしたり次の稽古で復習するなど、ふだん以上に中身の濃い2日間となりました。

みんなで一緒にお昼ご飯を食べて、夜は楽しく花火をして……

こんな風景が、1日でも早くまた日常となりますように。

渋江剣友会錬成会(2021.8.8)

2021年8月8日、葛飾区立渋江小学校において渋江剣友会錬成会がおこなわれました。

高学年メンバーを中心に近隣の道場7チームが集結。夏の大会本番を目前に控えて、各々課題と緊張感を持って臨んだ錬成会となりました。

午前中は個人戦、午後は団体戦が行なわれ、団体総当たり戦での成績は7戦6勝1分と好調。その後のトーナメント戦では決勝まで進み、惜しくも大将戦で敗れる善戦で翌週の大会に弾みをつけました。

渋江剣友会の先生方はじめ関係者のみなさま、その他各チームのみなさまには大変お世話になりました。ありがとうございました。