東京都少年剣道学年別個人錬成大会

第21回東京都少年剣道学年別個人錬成大会が、2022年7月3日(日)武蔵野の森総合スポーツプラザにおいて開催されました。

年に一度、同学年の東京ナンバーワンを決める個人戦大会。出場者も多く、応援も白熱します。

そんな中、面つけ組最年少のムネが敢闘賞!
準決勝敗退も、とても素晴らしい堂々とした戦いでした!

☆試合結果・・・・・・・・・・・・・・・・

・小学2年生の部
小川:敢闘賞(ベスト8)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いま現在、東京トップクラスの選手として活躍している先輩方も、これまでこの大会で数々の輝かしい成績を残してきました。

過去の学年別大会結果報告
・第15回大会(2015年)
・第16回大会(2016年)
・第17回大会(2017年)
・第18回大会(2018年)
・第20回大会(2021年)

また来年の上位入賞を目指して、みんなで稽古に励みましょう!

三菱剣友会 合同稽古会

三菱剣友会主催の合同稽古会が、2022年6月26日(日)葛飾区立金町小学校においておこなわれました。

6月とは思えない猛暑となったこの日、近隣の団体も参加しての合同稽古と練習試合で汗を流しました。

三菱剣友会の先生方をはじめ関係者のみなさま、その他参加団体のみなさまには大変お世話になりました。ありがとうございました。

東京都道場少年剣道大会

第51回東京都道場少年剣道大会(団体戦)が、2022年6月19日(日)エスフォルタアリーナ八王子において開催されました。

各チームとも強豪に敗れ入賞はなりませんでしたが、小学生Aチームがベスト32、中学生Aチームがベスト16入りを果たし、ともに全国大会出場を決めました。

☆試合結果・・・・・・・・・・・・・・・・

・小学生Bクラス(三年生以下):2回戦敗退
先鋒:鈴木 瑛
中堅:内山
大将:髙田

<1回戦>
福住【勝】3 – 0 文化少年剣道倶楽部
<2回戦>
福住【敗】1 – 2 五本木武道館

・・・・・・・・・・

・小学生Aクラス
Aチーム:3回戦敗退(ベスト32 全国大会出場)
先鋒:溝上 篤
中堅:小林
大将:濵

<1回戦>
福住A【勝】1 – 0 志悠館
<2回戦>
福住A【勝】1 – 0 報徳絆会
<3回戦>
福住A【敗】0 – 2 東松舘A

・・・

Bチーム:初戦敗退
先鋒:杉山
中堅:向
大将:金子 祥

<1回戦>
福住B【敗】0 – 3 昭島中央燦々会

・・・・・・・・・・

・中学生
Aチーム:4回戦敗退(ベスト16 全国大会出場)
先鋒:森山
中堅:溝上 颯
大将:下村

<1回戦>
福住A【勝】1 – 0 江戸川報徳会B
<2回戦>
福住A【勝】1 – 0 東競武道館
<3回戦>
福住A【敗】0 – 1 昭島中央燦々会

・・・

Bチーム:2回戦敗退
先鋒:鈴木 州
中堅:阿部 凛
大将:佐々木

<1回戦>
福住B【代表勝】0 – 0 愛興館A
<2回戦>
福住B 【敗】0 – 2 要成館剣道教室A

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

またこの度、川島先生が「優秀剣道少年団 指導顧問」として東京都道場連盟より表彰されました。おめでとうございます。

来たる7月28、29日は日本武道館での勇姿に期待しましょう!

「準備」を大切に

指導部だより(2022年6月号)岡田康治先生

みんな試合の時に「今日は絶対勝つぞ!」「頑張るぞ!」という気持ちで向かっていったことがあると思います。
その気持ちはとても大切。だけど試合中にいきなり強くなることもないし、使ったこともない技がいきなり使えるようになることもありません。試合本番にできることは実は少なくて「自分の持っている実力を出し切る」これだけです。

本番にできることは少ないですが、準備でできることはたくさんあります。
ふだんの稽古もその一つですね。稽古は自分の実力を伸ばすことができる大切なチャンスです。一回一回の稽古を無駄にしないよう、毎回「自分のココを伸ばし(直し)たい」と目的をもって取り組みましょう。また、自分の実力を出し切れるよう、全力で行いましょう。

では稽古の前の準備とは何があるでしょうか? じつはここからが今回みんなに一番伝えたいことです。

稽古の前の準備-着替え、道場に向かう、竹刀の準備、胴垂れを付けるなどいろいろありますね。みんなはこういった準備を、剣道とは関係のないことだと思っていないでしょうか?
道場に着いたら素早く胴垂れを付けて、稽古に向けて気持ちをつくっているAさんと、だらだらと胴垂れを付けて何も考えずに稽古を始めるBさん。二人が同じくらい稽古をしたら、どちらが自分の実力を伸ばすことができると思いますか?

試合本番だけ頑張ればいいと思ってもできないのと同じように、稽古の時だけ頑張ればいいと思ってもそれはできません。そのためにはどうすればいいか、どういった準備の仕方をすればいいか自分で考えてみましょう。そして行動しましょう。

片づけについても同じです。片づけは「次の行動に移るための最初の準備」と考えることもできます。稽古が終わって仲間としゃべりたい気持ちはとてもよくわかりますが、おしゃべりに夢中になって、片づけの手が遅くならないようにしましょう。

できる限りの準備をして、自信をもって試合本番にのぞみましょう。そうすれば必ず良い結果がついてきます。今回は剣道のこととして書きましたが、これは剣道に限らずです。

みんなでがんばりましょう

煌めき練習試合会

西木道場主催による煌めき練習試合会が、2022年5月15日(日)神奈川県横浜市の片倉北辰館西木道場においておこなわれました。

小学生、中学生ともに三人制で2チームずつ、先の道場連盟大会予選を意識して緊張感漂う道場での錬成となりました。

西木道場の先生方をはじめ関係者のみなさま、その他参加団体のみなさまには大変お世話になりました。ありがとうございました。

春日部剣真会 創立30周年記念剣道大会

春日部剣真会創立30周年記念剣道大会が、2022年5月14日(日)春日部市立武道館において開催されました。

ポジション別に小・中学生各学年で制限を設けた七人制という試合形式で、低学年から中学生までのチームワークも見どころとなるひさしぶりの公式戦でした。

☆試合結果・・・・・・・・・・・・・・・・

・団体:準優勝

先鋒:小川(小学生1,2年生以下)
次鋒:内山(小学生3,4年生以下)
五将:杉山(小学生3,4年生以下)
中堅:小林(小学生5,6年生以下)
三将:溝上 篤(小学生5,6年生以下)
副将:小澤(中学生1年生以下)
大将:溝上 颯(中学生2,3年生以下)

<予選リーグ1試合目>
福住【勝】6 – 0 宮代剣友会
<予選リーグ2試合目>
福住【勝】7 – 0 春日部剣道会
<予選リーグ3試合目>
福住【勝】3 – 2 清浄院剣道教室
<予選リーグ4試合目>
福住【勝】5 – 1 豊野剣道会
<予選リーグ5試合目>
福住【勝】6 – 1 越谷剣道クラブ

<準決勝>
福住【勝】5 – 1 谷塚剣友会
<決勝>
福住【敗】1 – 4 清浄院剣道教室

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

決勝戦では予選リーグで接戦を制した相手と再対決するも、大きく負け越す結果となり、準優勝という立派な成績ながら、笑顔なしでの表彰式となってしまいました。

この悔しさからどれだけの課題を見つけて、どうクリアしていくか…… 選手たちの今後に期待です。

春日部剣真会の先生方をはじめ関係者のみなさま、その他参加団体のみなさまには大変お世話になりました。ありがとうございました。

報徳錬成会・南千住錬成会

ゴールデンウィークの東京は好天に恵まれ、外出自粛や移動制限がないひさしぶりの連休でしたが、我らが福住は錬成会と通常稽古で剣道ざんまい!

そんな元気な子どもたちの健康を願う祝日、2022年5月5日(こどもの日)は高学年組と低学年+面つけデビュー組に分かれて、それぞれ錬成会に参加しました。

南千住錬成会(荒川総合スポーツセンター)

報徳錬成会(江戸川区立篠崎第二小学校)


江戸川報徳会ならびに各参加団体の先生方をはじめ、関係者のみなさまには大変お世話になりました。ありがとうございました。

そして、夜のスポセンでの通常稽古も! みなさんおつかれさまでした。

西木道場主催 武道館錬成

西木道場主催の武道館錬成会が、2022年5月4日(みどりの日)神奈川県立武道館においておこなわれました。

いつ来ても、凛として厳かな武道館。

A、Bチームに分かれて、トーナメントとリーグ戦それぞれ10試合近くこなしました。


西木道場の先生方はじめ関係者のみなさま、その他参加団体のみなさまには大変お世話になりました。ありがとうございました。

錬心・三菱剣友会合同錬成会

錬心・三菱剣友会合同錬成会が、2022年5月3日(憲法記念日)葛飾区立亀青小学校においておこなわれました。

今年に入ってから面をつけ始めた錬成デビュー組も、先輩たちに混じって堂々と試合をしていました。


錬心剣友会・三菱剣友会の先生方をはじめ関係者のみなさま、その他参加団体のみなさまには大変お世話になりました。ありがとうございました。

渋江剣友会 合同稽古会

これから始まる大会シーズンに向けて、今年の福住のゴールデンウィークは剣道ざんまいです。

2022年4月29日(昭和の日)ふだんは稽古が休みの金曜日に、渋江剣友会のみなさまをお招きして深川スポーツセンターで合同稽古会がおこなわれました。

基本の打ち込みから練習試合、途中で自己紹介タイムをはさみながら最後は地稽古と、13時からたっぷり4時間、剣友と竹刀を交えました。

これからもお互い切磋琢磨できる機会を増やしていきたいですね。渋江剣友会の先生方をはじめ関係者のみなさま、ありがとうございました。