夏合宿 2022

三年ぶりの夏合宿です。

2022年8月5日から7日までの二泊三日、地元江東区夢の島にあるBumB東京スポーツ文化館で、福住の仲間たちや先生方と汗を流し、寝食をともにしました。

8月5日(金):1日目

9:30 午前の稽古開始

明るく広々、空調完備の快適なサブアリーナが今回の合宿の道場です。

13:30 午後の稽古開始

面の着け方から、構え、足さばきまで、ふだんの稽古よりもじっくりていねいに取り組みました。

ほとんどの子どもたちが合宿初参加。途中、体調不良で脱落しながらも、なんとか最後まで粘る必死な姿も見られました。

18:00 夕食

お楽しみの夕食は、先輩・後輩と先生も入り混じってみんなで「同じ釜の飯」を食べる貴重な時間です。

感染症対策もしっかりと、公共の場でのマナーも身につけました。

19:00 ミーティング

今回の合宿での目標をそれぞれ決めて書きとめました。

剣道のみならず、生活面、ふだんの行動についても目標を立てて取り組むいい機会です。

8月6日(土):2日目

9:30 越谷剣道クラブとの錬成試合

合宿中の錬成会という新たな試み。主催団体としてのお出迎えとお見送りはしっかりできたでしょうか。

今回ご招待した団体のうち1チームは、残念ながら感染拡大の影響で不参加となりましたが、越谷剣道クラブのみなさま、先生方には大変お世話になりました。ありがとうございました。

14:30 午後の稽古開始

厳しい練習も2日目。錬成試合の後ということもあり、それぞれ実戦を意識した鋭い打ちが出てくるようになってきました。

19:00 ミーティング

2日目のミーティングは研修室を借りておこなわれ、寛先生の講義と先生方への質問コーナーで盛り上がりました。

最後は自宅療養中の亮先生もオンラインで参加。合宿最終日へ向けてのメッセージをいただきました。

20:00 自由時間

岡本先生プレゼンツ「おかもと探検隊」が三年ぶりに再結成!(来年からは「あきもと探検隊」に引き継がれるとの内部情報)

また、先生方の部屋おこなわれた「緊急プチ指導部会」では、今後の福住剣友会と剣道の未来について、真剣ながらも愉快な語らいが夜な夜なおこなわれました。

8月7日(日):最終日

9:30 午前の稽古開始

大会組を見送った稽古組は、基本に立ち返り構えと竹刀の振りを徹底的に研究。先生方の指導を受けて、見違えるほどの打突を見せるようになりました。

午前の稽古終了後は、お世話になった BumBをバックにスマイルポーズで一旦解散。

18:30 お楽しみ会(木場公園)

合宿の締めは、第2のホームグラウンド木場公園で花火大会! 

みんなそれぞれ、三日間の厳しい稽古とつかの間の集団生活を味わったおかげか、飛び散る火花にはしゃぐ姿の中に、ちょっぴりたくましさも垣間見えました。

伝説の33人抜き

指導部だより(2022年8月号)西山寛先生

今年もいよいよ暑い&熱い夏が始まりましたね!今回は夏の剣道の熱い思い出を紹介します!
それは、亮先生伝説の33人抜きです!

小学5年生くらいの「富岡八幡宮の神前試合」だったと思います。
当時は勝ち抜き戦だったこの大会、簀の子(スノコ)を敷いてその上で試合するという、かなり風情のある大会でした。
炎天下のなか火傷するほどに熱くなる簀の子に時折、水を撒きながら……懐かしいですね(笑)

高学年の部に亮先生が登場し、あっという間に10人以上抜き去り、私も12人目くらいで出たと思います。1本は取ったけど敗れてしまい、とても悔しかったですね。

いよいよ亮先生を止める人がいなくなり20人を超え、25人を超えなぜかフラフラの亮を誰も倒せず、いよいよ30人の大台を超えた頃、さすがに見かねた大会運営に母親が呼ばれ「どうします?止めます??」と言われたのを覚えています。

母親の返答は「じゃあ、もう少ししたら」だったと思います。(私は止めないのかよ笑と思いました)

結局、亮先生は誰にも負けず33人倒したところで運営側に止められて終了しました(もちろん優勝)。

本当にフラフラしてるのに、なんで負けないんだろう、何が見えてるんだろうと不思議に思ったし、凄いなーと思いました。

これが私にとって忘れられない夏の思い出です!
日々、一生懸命稽古に励んでいるみんなにも、きっと忘れられない夏の思い出ができると思います!

今年の夏もみんなで頑張っていきましょう!ご飯たくさん食べろよ!!

第56回 全国道場少年剣道大会

第56回全国道場少年剣道大会が、2022年7月28・29日(木・金)日本武道館において開催されました。

高学年は残念ながら初戦敗退という悔しい結果に終わりましたが、中学生はブロック3位(全国ベスト64)で敢闘賞をいただきました。

☆試合結果・・・・・・・・・・・・・・・・

・小学生:初戦敗退
先鋒:溝上 篤
中堅:小林
大将:濵

<1回戦>
福住【敗】0 – 2 習志野武道館A(千葉)

・・・・・・・・・・

・中学生:4回戦敗退(全国ベスト64 敢闘賞)
先鋒:森山
中堅:溝上 颯
大将:下村

<1回戦>
福住【勝】2 – 0 久田道場(愛知)
<2回戦>
福住【勝】2 – 1 練兵館B(栃木)
<3回戦>
福住【代表勝】0 – 0 広瀬道場A(鹿児島)
<4回戦>
福住【敗】1 – 2 剣修館道場(静岡)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

悔しい思いをした高学年は「なにが足りていなかったのか?」という意識を強く持って、帰宅後も早速スポーツセンターで汗を流しました。

反省をバネに、稽古あるのみ!

令和4年度 全日本少年少女武道(剣道)錬成大会

全日本少年少女武道(剣道)錬成大会が、2022年7月23日(土)日本武道館において開催されました。

この春「面つけデビュー組」の四年生をはじめとした高学年が参加。

今回は感染症対策として試合形式ではなく、全日本選手権覇者でもあり松﨑賢士郎選手(筑波大学大学院)による講話と合同稽古がおこなわれ、剣道の経験者は誰もが憧れる聖地・日本武道館のアリーナの感触を生まれて初めて味わいました。

さあ、次はいよいよ全国の舞台です!

寄居錬成会

埼玉越生錬成会主催による寄居錬成会が、埼玉県JA埼玉教育センターにおいておこなわれ、2022年7月16日(土)18日(海の日)の2日間、高学年が参加いたしました。

猛暑の中、1日目は21試合、2日目は18試合、汗を流しました。

埼玉越生錬成会の先生方をはじめ関係者のみなさま、その他参加団体のみなさまには大変お世話になりました。ありがとうございました。

第97回 赤胴大会

第97回赤胴大会が、2022年7月18日(日)深川スポーツセンターにおいておこなわれました。

各学期末に合わせて年3回おこなわれる福住剣友会恒例の部内大会。
それぞれ新学年で、本年度初めての赤胴大会です。

☆試合結果・・・・・・・・・・・・・・・・

・基本の部
優 勝:広瀬匡佑
準優勝:介中晴喜
三 位:ラボルデ琉維
敢闘賞:林直大、広瀬佑弦

・低学年の部
優 勝:内山珠乃
準優勝:鈴木瑛斗
三 位:小川宗矩

・高学年の部
優 勝:小林奏太朗
準優勝:溝上篤史
三 位:金子祥子
三 位:山本弦

・中学生の部
優 勝:溝上颯大 
準優勝:鈴木州眞
三 位:小澤香奈

後援会奨励賞:介中陽菜

いよいよ夏本番! 8月の合宿も楽しみですね。

全国道場対抗剣道大会 東京都予選会

第38回全国道場対抗剣道大会 東京都予選会が、2022年7月18日(海の日)東京体育館サブアリーナにおいておこなわれました。

東京代表の切符を賭けて、福住オールスターチームで挑みましたが、2回戦敗退に終わりました。

☆試合結果・・・・・・・・・・・・・・・・

・団体戦:2回戦敗退
先鋒:溝上篤史(小学生)
次鋒:森山凱翔(中学生)
中堅:阿比留宏貴(高校生以上29歳以下)
副将:岡田康治(30歳以上)
大将:西山亮(40歳以上)
 
<1回戦>
福住【勝】3 – 1 五本木武道館

<2回戦>
福住【敗】0 – 3 東松舘道場

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元立ちが大切

指導部だより(2022年7月号)溝上剛先生

今回は「元立ち」について少し話したいと思います。

「元立ち」は掛かり手の技能を向上させる引き立て役で、とっても大切です。
掛かり手以上に気を張り、稽古に取り組むことが大切です。
私も小学生の頃「元立ち」が剣道の上達に大切な稽古の一つだと理解していませんでした。
とにかく人より沢山懸って、沢山竹刀を振れば、強く、早く、打てるようになるし、1本取れるようになるだろうと。
どうして元立ちが大切かと言うと剣道は一人でやる競技では無く、常に相手と対峙してやる競技だからです。打つも、打たせるも実は表裏一体です。

<元立ち4つのポイント>
・目線「外さない」「仕草、癖を読む」相手を感じる事が大切!
・間合「遠間」から「一足一刀」へ縦の動を意識して攻める!
・気合「気迫が伝わる」「大きな声」を常に出して己の気持ちを充実させよう!
・気持ち「試合と同じ気構え」「攻めの気持ち」で掛かりてと合気なろう!

先ずはこの4つのポイントを意識して「常にお互い糸がピーンと貼ったような状態で稽古に取り組んでみましょう!
私自身、小中学生のときは身長が小さかった為、足捌き、踏み込み、脚力を鍛えて遠くから、早く打てるようになりたいな~、と常に考えていました。
稽古量は同じ、質を上げる為は、「元立ち」の時間も有効に使って鍛えようと!試みたことは稽古中に常にかかとを上げ、膝の裏が緩まないで正しい姿勢で「足捌き」の意識をし、相手より一瞬早く、一足一刀の間合いから打突。

<稽古の開始~終了まで、元立ちの際や、先生方に並ぶ時も常に>
又、稽古以外の時間も頭の中でイメージトレーニングを行い、強い選手のイメージを何度も繰り返していました。
普段なかなか「元立ち」について先生方に質問することは少ないかと思います。
どうすれば上手くなるか疑問に思う事が有れば、先生方にどんどん質問しましょう!
掛かりての努力だけで足りない部分があります。自分が上達すれば、相手も上手になれます。皆で意識して上達で出来るように取り組んでみましょう!

煌めき練習試合会

西木道場主催による煌めき練習試合会が、2022年7月10日(日)神奈川県横浜市の片倉北辰館西木道場においておこなわれ、高学年レギュラーメンバーが参加いたしました。

西木道場の先生方をはじめ関係者のみなさま、その他参加団体のみなさまには大変お世話になりました。ありがとうございました。

全日本都道府県対抗少年剣道優勝大会 東京都代表選手選考会

第16回全日本都道府県対抗少年剣道優勝大会の東京都代表選手を決定する選考会が、2022年7月9日(土)東京武道館でおこなわれ、江東区代表として福住剣友会から小学生3名と中学生2名が出場しました。

☆試合結果・・・・・・・・・・・・・・・・

小林:初戦敗退
濵:2回戦敗退
溝上 篤:コート決勝敗退

森山:2回戦敗退
佐々木 美:2回戦敗退
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回、福住を含む江東区から出場した選手は、いずれも東京都代表入りならずに終わりました。