考えて稽古をしていますか?

指導部だより(2022年9月号)ギブソン・スチュアート先生 こんにちは!残暑は厳しいですが、元気に過ごしていますか?まだ、熱中症の恐れもあるので気を付けましょう。お腹が痛い、気持ち悪い、頭が痛い、等は、熱中症の症状ですが続きを読む “考えて稽古をしていますか?”

伝説の33人抜き

指導部だより(2022年8月号)西山寛先生 今年もいよいよ暑い&熱い夏が始まりましたね!今回は夏の剣道の熱い思い出を紹介します!それは、亮先生伝説の33人抜きです! 小学5年生くらいの「富岡八幡宮の神前試合」だったと思い続きを読む “伝説の33人抜き”

元立ちが大切

指導部だより(2022年7月号)溝上剛先生 今回は「元立ち」について少し話したいと思います。 「元立ち」は掛かり手の技能を向上させる引き立て役で、とっても大切です。掛かり手以上に気を張り、稽古に取り組むことが大切です。私続きを読む “元立ちが大切”

「準備」を大切に

指導部だより(2022年6月号)岡田康治先生 みんな試合の時に「今日は絶対勝つぞ!」「頑張るぞ!」という気持ちで向かっていったことがあると思います。その気持ちはとても大切。だけど試合中にいきなり強くなることもないし、使っ続きを読む “「準備」を大切に”

着装と初太刀一本

指導部だより(2022年5月号)吉澤先生 私からは、普段、意識していることのうち、「着装の大切さ」と「稽古での心構え」をお伝えします。 着装は、その人の剣道への取り組む姿勢が形となって表れています。正しく着装を行うところ続きを読む “着装と初太刀一本”

春に思う、仲間の大切さ

指導部だより(2022年4月号)西山亮先生 季節も春になり大分暖かくなってきました。新中学生、大学生、社会人になる皆様、おめでとうございます。環境も変わり、大変な事、戸惑う事もあるかと思いますが、剣道で鍛えてきた心が有れ続きを読む “春に思う、仲間の大切さ”

継続は力なり

指導部だより(2022年3月号)小林義昭 先生 いまから四十数年前。手を引かれながら「剣道いきたくない!」と泣きわめく私に、ときどき父は道場手前の曲がり角にある自販機で缶コーヒーを買って、その最初のひと口をくれました。甘続きを読む “継続は力なり”

怒鳴られなきゃ動けないを卒業しよう

指導部だより(2022年2月号)西山寛 先生 本当に寒い日が続いてますね!この寒いなか、一生懸命稽古している皆は素晴らしいと思います!皆ががんばって稽古にきてくれるので、バイクで稽古にいくのは寒すぎるけど、私もたくさん稽続きを読む “怒鳴られなきゃ動けないを卒業しよう”

新たな一年、夢を持って

指導部だより(2022年1月号)佐藤友昭 先生 明けて令和四年、年が新たまりました。新鮮な気持ちでこれからの1年を頑張って行きましょう。 コロナの厳しい状況が続いていますが、新年にあたりみなさんには夢と希望が湧き出ている続きを読む “新たな一年、夢を持って”

剣道の「基本」を考える

指導部だより(2021年12月号)秋元良友 先生 皆さんこんにちは。早いものでもう12月ですね。受験生は試験まであともうちょっとです。過去問の出来に一喜一憂せず、最後まで苦手科目のレベル上げを頑張って下さい。 偏差値を5続きを読む “剣道の「基本」を考える”