剣道の魅力とは

福住剣友会で体験できる剣道の魅力:1

人を敬う気持ちと
礼儀作法の習得

子どもたち同士で協力しあうことだけではなく、相手に対する感謝や尊敬の念を大事にします

剣道の試合では、たとえ勝利しても、相手に対しての礼を欠けば、その勝利は取り消されることがあるほどです。礼儀作法という所作には、相手に対する思いやり、感謝、尊敬の念が込められています。

試合に勝てばいい、いい結果を得るためには、どんなことをしても構わない、勝たなければ意味がない……子供のうちから、このような考え方、接し方をすれば、すべての事柄に対して、思いやり、感謝、尊敬を忘れた大人になってしまうのではないでしょうか。

福住剣友会では、技術や試合の勝ち負けよりも礼儀作法を重視しています。


福住剣友会で体験できる剣道の魅力:2

心身を鍛えて
逆境に立ち向かう力をつける

ときには辛く苦しい稽古も、それを一緒に乗り越える仲間がたくさんいます

剣道は重たい防具をつけ、面をつけて稽古しますので、夏はサウナの中で無酸素運動をするような感覚です。冬は凍ったような床で稽古しますので、まるで素足でスケートをするようなものです。

仲間にパスをすることもなければ、ゴールを決めることもありません。仲間と呼吸を合わせて踊る達成感もありません。

剣道をはじめれば、結局は孤独のなかで、自分との戦いとなります。

辛いこと、厳しいことに、向かっていける精神力。厳しい稽古で得られるものは、生涯の大きな財産となるでしょう。


福住剣友会で体験できる剣道の魅力:3

基礎を大切にした
高段者による指導

試合に勝っても負けても多くの指導者がさまざまな角度から適切なアドバイスをおこないます

剣道の段位は初段から始まり、最高位は八段です。本会では四段以上が「先生」として指導を行いますが、その人数はなんと合計42名にもなります。七段が7名、六段が6名、五段が11名、四段が18名と数多くの高段者が指導しております。

高段者が長年かけて培ってきた剣道の知見を初心者には基礎からしっかりとお教えします。また、有段者に対してもしっかりと段階に応じた稽古をいたします。

もちろん大人になって剣道から足が遠のいていた方にもしっかりと指導いたしますのでぜひ見学にいらしてください。