令和4年度 全日本少年少女武道(剣道)錬成大会

7月23日、日本武道館において、全日本少年少女武道(剣道)錬成大会がおこなわれました。

今年面つけデビュー組の四年生をはじめとした高学年が参加。
今回は感染症対策として試合形式ではなく、全日本選手権覇者でもあり松﨑賢士郎選手(筑波大学大学院)による講話と合同稽古がおこなわれ、剣道の経験者は誰もが憧れる聖地・日本武道館のアリーナの感触を生まれて初めて味わいました。

さあ、次はいよいよ全国の舞台です!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中