「いつも同じことやってない?」
 ある日の稽古が終わった後、子供たちにこんなことを聞いてみました。
  西山 「今日は何に注意して稽古したの?」
  子供 「え🤔 ??」
 そうです!  みんなの稽古で足りないのは・・・
 「考えること」
 大きな声を出して、どんな厳しい稽古にも、一生懸命ついてくる君達はとても立派です!  でも、それだけの稽古はもう卒業して、次のステージに行きましょう!!  そのために、みんなにやって欲しいことは次の4つです。
 1.出来るようになりたいことを書き出す  2.そのためにやることを書き出す  3.それを考えて稽古する  4.どれくらい出来たかを書き出す

 わたし自身もやってみようと思います。  希望する子供たちは、一緒にやりませんか?  やってみよう!と思った子供は、西山寛まで、お声かけください(^ ^)    ちなみに、中学生、高校生、四段以下の大人もぜひやりましょう!      子供たちにやらせるばかりではなく、いい大人の背中を見せてやりましょう!!
 次回の指導部便りは、一年の締めくくり、指導部長の佐藤先生にお願い致します。                                                   西山 寛