みなさまお疲れさまです!とても暑い日が続いておりますが、みんな大丈夫ですか??  この暑い中、みんなが一生懸命、稽古しているのをみて、本当に凄いなと思います!  でも、今年は本当に危険な暑さなので、決して無理をしないようにしましょう!!
 今月の指導部便りは 雰囲気的に合宿担当の西山ひろしがお届けします!
 今回、みんなに伝えたいことは…… 「 相手を感じること 」です!!
 みんなが 稽古や試合で打たれてしまうところは、同じパターンが多いです。
 よく打たれるなぁ……と感じるのは、相手が動き出してから、自分が動いてるときです。  ( 私がスゴくゆっくり振っても当たってしまいます ) 
 一本決めるときも、ただ走り込んで 打っているだけのときが多いです。  打たれるときも、打つときも、「 相手を感じていない 」ということです。
 地稽古や試合をするときは、必ず相手がいます。  相手をよくみていると、打つ機会もみえてくるようになります。
 まずは、下の3つをよく感じとって、稽古をしてみてください。
  1  相手が動こうと思ったとき   2  相手が打ち終わったとき   3  相手が下がってるとき
 これは、挨拶や礼をするときも同じです。  先生方、仲間同士、普段の生活でも、人を感じる……ということを意識することで  もっともっと、みんなは成長できると思います!!
 なお、今年の合宿テーマは……  「挨拶、返事、正しい姿勢」です!!
 なぜ、このテーマにしたのかといえば、全然、出来ていないから!!  このテーマがきちんと出来ていなかったら、花火も海もやりません!!  でも、しっかり楽しみましょう!!
ー 追伸 ー 今年は仕事の都合で 楽しみにしていた基本錬成ができませんでした😭 また たくさん稽古にいけるようにして、みんなの成長に貢献できるようにしていきたいと思います。       西山 寛