2020年、なんだかわからないうちに終わってしまいまし たね。気付いてみれば、「コロナ」という言葉を毎日耳 にするようになりました。ひとつの言葉をこんなに耳す ることは、今の3年生が生まれた年に聞いた「シーベル ト、ミリシーベルト」以来かな。 (東日本大震災での福島第一原子力発電所事故による 放射線量を表す単位のことです。)

コロナと付き合いながらの稽古にも、すっかり慣れてきましたね。 まさかマスクをして剣道をすることになるとは、誰も考えていなかったと思い す。さらに驚くことに、君たちは苦しいマスクをつけてのキツーイ掛かり稽古ま でやってしまっています。本当に「すごいな!」と、そしてただ「すごいな! と思うばかりです。先生方に「掛かり稽古のお手本見せて。」というお願いだけ はしないでくださいね。

今までと違う特別な1年であった2020年が終わり、新しい2021年が始まりま す。でも、2021年は特別な1年にはなりません。2020年に経験したことを引き続 きやってゆく、前の年と同じ1年になるのだろうと思います。せっかく慣れた新し い稽古方式です。もう少し辛抱しながら、そして注意しながら稽古して行きま しょう。

最後になりましたが、指導部の先生方、そしてたくさん協力頂いている父母会 のみなさま、1年間ありがとうございました。新しい年が皆様にとって素晴らしい 年になるようお祈りするとともに、福住剣友会の歴史の新たな1ページをみんなで 作って行きましょう。