いつもお世話になっております。  先日の赤胴大会、送る会に参加させていただき、子供たちの成長を間近で感じることができ、本当に嬉しく思いました。  関係の皆様、ありがとうございました。  今月の指導部便りも、西山寛が担当いたします。  3月中頃、久しぶりに みんなの対外試合(梅本の記念大会)を見る機会がありました。  それぞれが課題を感じる試合内容だったと思います。  特に高学年……低学年の時と試合内容が変わらないなぁ、と感じました。
 たくさん稽古して、試合経験を積み重ねているし、先生方から様々なアドバイスを受けているは   ずですが、何も活かされていないんじゃないかな。   勝った、負けたとかではなく、工夫がないところが一番の課題だと思います。
 稽古量は充分です! これからは、質(何を意識して稽古をするか)を大切にした稽古をするようにしてください!
 厳しいことを書きましたが、この壁を乗り越えれば、剣道も強くなるし、他のことにも応用で  きるし、さらに成長することができると思います! 何を意識して稽古しているか……みんなに聞いて回りますので、常に考えて稽古するようにしてく ださい!                                        西山 寛